読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日を生きる

あやめの花言葉は良い便り

早起きして朝から14時まで競馬してた

待ちに待った中央競馬のある土曜日。

先週の皐月賞(ファンディーナ惨敗)を見て「これは分かんねえわ」と悟ったので、ほぼ記録どおりに走って人気通りの結果が出る3歳未勝利(主に午前中)で「安く確実に稼いでいこう」とこの心に決めてました。

 

大穴で大きく当てる夢としては、元々実力を持った馬が並ぶ重賞レースの方が楽しいのだろうけど、トータルでの勝ち負けよりぼくは負けてしまった時その場でお金が帰ってこない事が何よりつらいのでそういった遊び方はしません。

 

僕の会社の後輩はそういう大きく当てる遊び方で毎週中山か東京に行ってるらしいです。(羨ましい)

 

結果が確定するまでわからないのはやはりもどかしいので今日はrajikoで競馬ラジオを導入。

 

 

ちなみに今日の結果は一応プラス。6930-6300=630円の勝ちです。

セコくてしょぼいけど楽しんだ分も混みでお得。

f:id:Big_iris:20170422145009p:plain

アスタリスクがついているのが勝ち。

損しないために最初に元手(1500円)をフルで賭けて取り戻した分は出金して勝ち分で遊ぶ形を取りました。

これが15000円だったら6000円の勝ちだったんだけどね…と思うのは本当に良くない思考なのでしょう。

 

11時頃だけ負けているのは東京3Rのエターナルフレイム。

このレースだけはラレータに可能性を感じて13の複勝と13-6のワイドを勝ってました。(0007)

ラジオで馬の様子を聞いてエターナルフレイムの評価が高かったので数百円だけ6の単勝も後から購入。(0008)

 

 

結果はこの通り

ラレータが圧勝してエターナルフレイムは突き放されてワイドにすら絡みませんでした。

f:id:Big_iris:20170422145544p:plain

ラレータも結局複勝であまり増えはしないのでこのレースでは完全に負け。

ただ、いつもだったら一番人気の複勝に突っ込んでたのでエターナルフレイムに全賭けしてたら大損(賭け方で増えない分少しでも負けるとかなり痛い)だった事を考えるとラレータを買った分だけまあ致命傷にはならずに済んだのかなという印象。

 

なんでこんなにラレータとひたすら書いてるかというと、この後映像を見た時に中盤スーッっと前に出てそのまま勝つ走りが気持ちよくて次も応援で賭けたいと思ったからこの名前を忘れたくないのです。

そのくらい印象に残りました。

 

このレース以外は他全部一番人気の複勝で勝ち。そのくらい単純です。

ただ無意味に賭けてた訳じゃなくてオッズ差があまりないレースや一番人気に期待出来なさそうなレースは避けてたので純粋に一番人気だけを狙ってたら多分何処かで全額消えて終わってたと思います。

 

 

 

どうでもいいけど、ドラマでよくみるラジオ競馬を聞いて競馬新聞片手に一喜一憂するクズっぽいおじさんってあるじゃないですか。

昔からこういう如何にもクズって感じな事には触れたくもないしなりたくもなかったんだけど、今日こうやってRAJIKOでラジオを聞いて即PATで金をかけて一喜一憂しているこの僕はツールをインターネットに変えただけのまさしく”ソレ”なのだろうなと感じました。