読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日を生きる

あやめの花言葉は良い便り

カクノで書くの

引っ越しの片付けをしてたら一年以上前に意識が高かった時に買ってそのまま放置していたMOLESKINEとカクノ(万年筆)が出てきた。

カヴァリエを買おうと思ったのも色彩雫を使いたいけど、カクノをなくしてしまったから手頃な感じの万年筆がほしいと思ってのことだったし、正直今更出てこられても万年筆は間に合ってるって状況だったけど、せっかくなので手入れをして紅葉を入れてみた。

もうカヴァリエとコクーンをつかってるぼくにとってはもう今更カクノ(笑)って感じで「うわうわあの子1000円の子供万年筆持ってる」と思われるのが若干恥ずかしいくらいだったけど、ミディアムのペン先で圧力が分散されて紙に引っかかることもないし安物故のプラスチック製のおかげで見かけはカヴァリエよりも太いのにとても軽くてコクーンみたいな細い持ち手でもないのでとても安定して扱いやすかった。


見かけの万年筆らしくない素材の安っぽさとペン先の顔マークの子供っぽさこそあるけれど、ペン先は3000~5000のカヴァリエと同質であることを考えればれっきとした合理的な万年筆に仕上がってるとおもう。


そんなカクノを見直した日でした。おわり。