読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日を生きる

あやめの花言葉は良い便り

早速部屋を確定させた

 

big-iris.hatenadiary.jp

 もう条件は決まっていたので、後は部屋を見て確定させるだけと早速不動産屋へ顔を出した。

 

一階・最上階がいいこと、音には敏感なこと、どうしても2k以上は欲しい事を伝えて提案してもらって絞り込んだのは二件。

一軒目

  • 一階(ただし上階は空き)
  • 2DK(洋室6帖*2+ダイニングキッチン7帖*1)
  • 鉄骨造マンション
  • 屋内洗濯機置場
  • 日当たり最悪
  • ウォシュレット付き
  • エアコン付き

これで家賃がコミコミで53k。

日当たりが悪いとのことで相場からみても1万円近くは低く設定されたかなりの格安物件だった。

実際に見てきた感じ、キッチンの上に食器やらを置ける収納がめちゃくちゃ沢山あったのでそこをうまく活用すればメタルラック一つ分くらいは持っていかなくてもすむんじゃないかと言った具合。

音に関しては手を叩いたり不動産屋との話し声の感じはリバーブ感がかなりあったのでかなり壁は安心できそう。

今の部屋はメタルラックしか共振するものがない柔らか木造建築なのですごく安心できそうでした。

二軒目

  • 一階
  • 2K(洋室6帖&洋室4.5帖+キッチン5帖)
  • 鉄骨造マンション
  • 洗濯機外
  • エアコン付き

これで家賃5.5k

完全下位互換やんけって言われる所だけど、これでかの大都会大宮物件。

ワンチャンなにかあるかもしれないし立地は悪くなかったので一応みせてもらうだけ見せてもらったのだけど、所何処柱もあり部屋と部屋の大きさ違いもあって辺が一致してないとてもいびつな形をしていてとてもじゃないが暮らせるイメージがつかなかった。

お風呂も銀色の湯沸かし器的な設備で狭くなっていてトイレも暖房便座もウォシュレットもない。

その上家賃が一軒目より高かったので比較としてはちょっとあまり良い印象はなかったが、一軒目の部屋がなければ全然OKではある条件だった。

一応この部屋も壁は大丈夫そうではあった。

 

というわけで戻ってきてすぐ一軒目に確定して書類作成。数日後に審査結果が帰ってくるそうなので今はそれ待ち。

 

後は引越し業者と回線業者の工事タイミングの兼ね合いで引っ越し日を決めていきたいと思ってます。