読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日を生きる

あやめの花言葉は良い便り

暮らしたいお部屋の外せない条件

あまり田舎から出ていかないつもりなので地価的にはかなりの余裕があるからその分それなりに予算に対して比較的わがままを通せそうなので条件は盛り込めるだけ盛り込みたい。

絶対ほしい

騒音

自分の部屋で自分以外の人間が生活してる実感を味わいたくないくらい人間が苦手なので出来ればよその部屋の音は聞こえないに越したことはない。

最低限盛り込みたいのは角部屋最上階。床と壁の1面にしか人は居てほしくない。

本来騒音に拘るのなら材質では?というところだけど鉄筋コンクリート造は流石に高いし更に角部屋最上階ともなれば田舎でも更に田舎に出ていかなけりゃ僕のお給料に見合う部屋は借りれなさそう(というか今の立地の木造一軒家の借家に手が届いてしまう)なので、そこは妥協して木造でも良しとしたい。

ただ現状の部屋が木造の6畳で本当に静かだと隣のいびきが聞こえるくらいの壁の薄さなのでそれを超えられれば満足というのもあって今の僕の許容範囲はかなり広いと思う。

間取り

2K以上。出来ればダイニングもあると嬉しい。

キッチンは絶対別の方がいい。水回りと同じ空間で暮らせる1K暮らしが理解できない。もうそれだけで夜な夜な水回りに生息する虫が枕元にまで忍び寄ってきて無意識に睡眠中に口に含んで食べてしまってるのではないかと悪い想像が働いてしまうので1Rは無理。

1Kでもないのは、1ルーム6畳間とキッチンだと今の暮らしとほとんど変わらないから。

 

ネット回線

インターネットが出来ないなら死んだほうがマシくらい依存してるので安定した固定の光回線はほしい。これも独立したものが良いので一戸建て用の独占契約を許可してもらえる所がベスト。

バス・トイレ別

あたりまえ

エアコン

付けられなくちゃ困る

なくても良いやつ

バス・洗面台別

別に気にしない。シャワーで洗えるから便利だし。

インターホン

嫌な客とかは結局リアクションしたら負けな気がする。

まあ服着替えてから出るからちょっとまっててみたいな返事が出来るくらいかも(そんなシチュエーションあるかどうか)