読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日を生きる

あやめの花言葉は良い便り

連休五日目:白き魔女一日目

 

f:id:Big_iris:20150916220819p:plain

 

 

白き魔女始めました。

ガガーブトリロジー全世界の北東。ガガーブの東側に当たるティラスイールでの物語。ゲームとしてのガガーブトリロジーシリーズ完結編は海の檻歌だけど、海では異界の問題が残ったまま時系列でみて全てが収束する完結編に当たるのがこの一作目の白き魔女。

 

時代は、害周波を異界に送った時に出来たガガーブが発生して約千年、海の檻歌のヴェルトルーナでの騒動から約五十年後の世界。このゲームで語られる人間としての白き魔女=ゲルドがティラスイールを巡礼から約二十年後。

あの四歳の銀髪の女の子が巡礼をした過去の18歳の姿で何度も語られます。

 

僕としては、PSPで一度やってるのでガガーブ総まとめとして見た感想になると思う。

でも、だいぶ前なので全体的に内容を覚えてるわけじゃないので結構初見っぽい記述も有るはず。Falcomが監修しかしてないパブリッシャー:バンダイ デベロッパー:マイクロビジョンのPSP版とは違う所は絶対あるのでそういう所も目立つかも。

PSP版はロードがクソだるかった。テンポ悪すぎ。

 

進捗

適当に昨日の掃除の片付けをしてから昼の二時頃にスタート。

今回はばっちりスクショ沢山とりました。

まずは序章から。

f:id:Big_iris:20150916223533p:plain

 

まずは、故郷ラグピック村を出発。今回の旅の目的は世界中に5つあるシャリネにある魔法の鏡の巡礼。過去に魔女が辿った軌跡を銀の短剣を持って巡ります。最終的な目的地は賢者の街オルドス。

銀の短剣は、海の檻歌の共鳴石の形を変えたもの。

f:id:Big_iris:20150916223803p:plain

ちなみに銀の短剣があれば宿屋はただだし交通手段も基本使いたい放題。めちゃくちゃいいアイテムです。

 

旅の巡礼前に銀の短剣を長老から授けられる所でシャオ&レイチェルにあたるネタ担当コンビ盗賊シャーラ&グースに盗まれるがおとぼけの振りしたラップじいさん(ミッシェルさん)に取り返してもらって再度授与式をして銀の短剣を受け取って一番近いシャリネのディーネへ向かう。

 

 

ディーネで聞いたのは、シャリネは本来魔女の予言の助けに使う物って話。

子供か魔女にしか鏡の予言は見えないらしい。

 

そこで見たのはオドロオドロしい映像。ゲーム画面に埋め込みで動画が再生されました。(PSPでは画面が切り替わってフルスクリーンで動画が再生されたはず)

f:id:Big_iris:20150916225902p:plain

 

鏡はともかくディーネの巡礼は済ませたので次は東に海を渡った先にあるメナート国本土の更に東にある島のテグラのシャリネ。海を渡るには船に乗らなくちゃならないのでラグーナから鷹の爪号に乗船。銀の短剣で運賃はないものの乗客扱いではなく船員扱いで船のお手伝い。

鷹の爪号って海の檻歌の唐辛子を食べれば船酔いしないってネタの元ネタなのかな。

 

で、船で泥棒事件があって犯人のせいで船員が睡眠薬で眠らされたおかげで一晩眠らずの航海。同じ船にシャーラ&グースが居てミスリードを誘う演出に見事に引っかかった。一晩眠らずに船を操るのは相当の肉体労働だろうにたった三行のモノローグで終了。船員叩き起こせば良かったのに。

 

船で渡ってメナート国のニーリへ。ここでもジュリオが短剣を落とす。あんだけ必死に探した共鳴石なんだからもっと大事にしろよ…

結局は拾ってもらって大事には至らず。流氷が流れ着くような北の大地なのに平気で川に飛び込んでくれるニーリ町人の親切心がヤバい。

 

更に東へ行ってテグラへ渡る船があるアルデへ行くとアザラシが船を沈めやがるとビビって船を出してくれない漁師達。アザラシにビビるとかばかなの?と年寄りに叱ってもらって無事テグラへ行けました。(アザラシなんともないじゃん…)

 

ここで序章は終わり。

 

章間で挿入されるこれ↓がめちゃくちゃにかわいい。

この章でとった行動を小さな英雄ジュリオとクリスの大冒険のBGMに乗せておさらいしてくれます。いちいち地図のスクショを取って軌跡をブログ用に残そうとしてたらこれが出来てわかりやすくてよかった。

f:id:Big_iris:20150916231455p:plain

なんで、朱じゃやめちゃったんだろう。妹の誘拐から宗教戦争まで終始重たい雰囲気だから茶化すみたいで似合わないのかな。

 

取るぜ宝石!壊すぜ炭鉱!第一章

テグラに着く寸前に復讐の短パン剣士ローディとすれ違い。

テグラに着いたものの海獣ガルガに襲われて壊滅状態。それでもシャリネはきちんと残ってたので巡礼。次はアンビッシュ国。

巡礼は済ませたもののボロボロなテグラをほっとくわけにも行かずローディの祖父にあたるケビンじいさんのお手伝いで泥に埋まった宝石の回収。

炭鉱で生き埋めになったりしたけれど、なんとか脱出して大陸へ逆戻り。

ニーリに素直に戻ってしまうと土砂崩れで道が通れず南下出来ないので崖へ接岸、マストから陸へあがりました。

途中のチッタの街でアンビッシュの王様のアルフと合流。この瞬間のチッタの偉い人率高い…ジュリオ達は王様だって知らないまま王様の顔パスで検問を突破。ガルガに襲われた首都ネルバへ。

ネルバもまた壊滅状態。「白き魔女の予言通りになった、やべえやべえ」と白き魔女トークを沢山してもらった所でまたシャリネを目指して南へ出発。途中でガルガを追うローディを行き先は一緒だと無理やり拾いました。この間、ガルガは街を2つも襲って疲れて島を枕に寝ています。

次に着いたテュエールの街でモリスンさんがアルフを回収に登場。疲れたと寝てる間にパーティ離脱。こういうの迷惑…と入っても仕方ないので一睡した後に再出発。ここでギャンブル中毒ルーレ爺さんとそれをとめたい孫のレッドくん登場。二人合わせてルーレット。

 

この時点で一章終了。

f:id:Big_iris:20150916234837p:plain

 

ガルガを倒すぜ!第二章

いまここ。テュエールを南下してチャノム国。次はカジノで栄えるダイスの街&ふてくされダーツの村。

カジノ中毒のルーレ爺さんの様子を見ると勝ち続きで負けなしともっぱらの噂、話が違うじゃんというと適当にはぐらかされる。何やってもしょうがなさそうだったからスラム街のダーツへ。

貧しいダーツは急に栄えたダイスを見て意気消沈。誰も彼も無気力な状態に…そこへ年一回やってくるキタラ弾きが来てジュリクリが励ましてみたら急に活性化。やったね!

 

ルーレ爺さんはというと、実は豆をダーツに寄付するのが目的でカジノオーナー兼ダイス代表のバロンから豆を買いに来てる。で、カジノをやってるのは掛けのスリルを味わいたいだけで賭けで勝った分は結局全部バロンへ豆代として渡してるという。

その豆をダーツの村長へ渡してここでの話は終了。豆を渡して村を活性化させるのはレオーネもやってたね。

 

そんで、寄り道したけどやってきましたガルガ都の決戦場アンビッシュ国ボルト!

ここで一旦セーブ中です。続きはこれから

 

掃除の後片付けしたり片手間片手間でやってたけどこれから本気で続けます明後日にはクリアしたい